はちにんで、ひとつ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
時代が病んでも







何かもう更新する気力さえ無かったんです(いきなり)

未定見に行った後の脱力感とか大倉さんのwebとか色々重なりすぎて。
村上さんの誕生日祝えたくらいだからそんなに重症では無かったですが 笑
大倉さんママ、本当に大変だったと思います。
もちろん大倉さんも、ご家族も、みんな。
大倉さん、文章にすることで楽になれるっていう感覚は嫌って言うほど分かります。
だからこれからも、溜め込まないで下さいね。
あなたが少しでも楽になれれば、変わってくることもいっぱいあるんだと思います。


いつか、この場所に来てくれてる人たちでオフ会みたいなこと出来たらいいなあ…←
皆でチャットとかしたいんだけど時期が時期だからなあorz
けどいつか企画するのでお楽しみに!(読んだ人に不安感与えそうですね 笑)



































…さて、ここからは完全にねたばれ要素を含む文章です。
未/定のレポというかメモというかです。
書いとかないと忘れそうなので書いとく、という正に自己満足で書いたものなので読んだ後の苦情は受け付けません、ご了承ください。
セリフや情景描写の正確さは保証できませんので悪しからず。


















・会場前にて、全身白タイツのポスターを発見。
 更に、会場の壁みたいな所全面に白タイツの2人。近隣住民はどう思うんだろう...と思った。笑
・ブザーも何もなく、いきなり開演。
 村上さんがステージに上がってきてドアを開ける(ドア単体で置いてありました)
 どうやら其処は楽屋らしい。
 eighterびっくりしつつも静かになる。
・雑誌を捲る村上さん。
 そこへ赤ジャージ×黄緑ベストの渋谷さん登場。
 「お疲れー」的な挨拶を交わす。
・渋谷さん、持ってきたスポーツバッグ的な何かからポーチを取り出し机の上へ。
  渋谷さん、持ってきたスポーツバッグ的な何かからポーチを取り出し机の(ry
 渋谷さん、持ってきたスポーツバッグ的な何かからポーチを取り出し机n(ry
 …以下略。
 とりあえず十数個置き、更に配置を変えて少し離れた場所から見てみたりする玄人っぽさ。
・雑誌を見ている村上さんに話しかける渋谷さん。
 「オープニングがちょっとな、」等と構成について相談したい様子。
 「あのー」と声をかけようとしたものの、
 「あの「ゴホゴホッ(咳込む)」 と、うまくいきません。
 そして試行錯誤するうち、ついに話しかけたことに気付いてくれました。
 しかし雑誌から目を上げない村上さん、返事がつれなかったり、返す言葉が雑誌の話題についてだったりします。
・そこへ電話が。村上さんの携帯へかかってきたようです。
 「おー!久しぶりやなあ!」と、嬉しそうな様子。
 「今日?夜ならええよ!うん、10時?どこにする?あーあの店?あれ旨かったなあ、冷製カッペリーニ
 どうやら今夜、村上さんは誰かとご飯を食べるらしいです。
 電話の内容に耳を傾けていた渋谷さん、電話が終わるや否や「…誰?」
 「…誰って」
 「や、今の…誰?」
 「…」
 「…」
 「…友達?」
 「あ、そう…」
 「うん」
 「…」
 「…」
 
 「…女?」
 「…いや、ちゃうけど」
 「あ、男?」
 「それもちゃうけど」
 「え」
 中間や
 「あ、そう中かn…中間!?
 「せやで、中間や」
 「あ、えっと、元はどっち?」
 「普通の男の子や」
 「え、歳は?」
 「歳は知らんよ」
 「知らんの!?」
 「訊いたことないもん」

 村上さん、あまり詮索されたくないらしくうんざりした様子で答えます。
 渋谷さん、それを察したのか察してないのか話題を変えます。
 「今夜、イタリアン?カ、カッペリー、ニ?とか何とかって」
 「…おー、パスタやけど」
 「あ、そう…うん、せやな、パスタでええな!」
 「え、すばるも今日パスタなん?」
 「うん」
 「ふーん」
 「うん、だからパスタでええよね?」
 「いや、ええんちゃうの?」
 「せやな、よし、パスタにしようか!」
 「…え、いや一緒には行けへんで?」
 「…え?」
 「いや、だって俺友達と行くし」
 「あ、あ、うん、そっか!ならしゃーないな、うん!」
 「うん、ごめんなー」

再び沈黙が訪れ、耐えきれなくなったのかまた話し出す渋谷さん。

 「なあ、何君?」
 「…何が」
 「いや、あの、さっきの、友達?」
 「…石川君」
 「あ、ふーんそうなんや…え、向こうは何て呼んでんの?」
 「村上君、やけど」
 「あ、だったらあまり親しいわけではない、と」
 「せやなー…あんまりやな」
 「地元の友達?」
 「地元の友達親しなかったらおかしいやろ!」
 「…あ、じゃあ東京の?あの、仕事とか」
 「仕事や」
 「え、じゃあメシとか行ったら『村上君何にします?』→『いや先決めてええよ』→『あ、ホントですかじゃあ』…それで後は「シュミレーションせんでええから!」

等々、村上さんの友達についてうんざりするほど質問する渋谷さん。

と、そこへ渋谷さんへの電話が。

 「もしもし…あー、元気?うん、うん、(中略/というか覚えてない←)またメシ行こうなー」

















 「…誰?」
 
 見事に逆の立場。
 訊かれて嬉しそうな渋谷さん。
 「友達ー」
 「あ、そう」

 納得した様子の村上さん。

 「そう、友達…積極的で「訊いてへんから(笑)」
 「…うん」

 キリが無いので次回に続きますorz←
 
追伸:章裕姉さん→お誕生日おめでとうv
         素敵な1年になりますように!
11:20 / comments(1) / - / My memory
スポンサーサイト
11:20 / - / - / -
comment*
風邪治ったかー!
よかったよかったー(´∀`)
きっと渋谷さんの愛の力やな 笑
んふー、最近ちょーっとだけお疲れモードでしたわorz
いやいや、ばるばるは無関係ですよー ←
むしろ何かされたいくら(やめれ)
やっぱり現場は大変なのね・・・
そういう職業も憧れてたのよねー
現場で動くADさんとかそういうんに(・・)
しかしひよちゃんが頑張っててよかった♪
本読んでるけど早く神谷新二やってる姿を見たいよ!

やっぱeighterも∞もふざけて何ぼよね!笑
うち最近リアルはよっしーれっちゃんが7割占めてる気がする 爆
れっちゃんね、一瞬〜の桃内くんに似てる←(いわゆる筋肉馬鹿)
タイトルからして却下やね、ほんと 笑
でも放送ぎりぎりが大好きです←

東京ー!都会やな←
田舎っ子には全てが新鮮ですよ 笑
あ、ねずみの国に行きますか?りょんちゃんと同じサングラス買いますか?笑
とりあえず、ひよの好きなぷーさん探そうか 待て
やっぱり都会の海はだめ?
田舎の海は綺麗ですよー★+゚
是非、泳ぎに来てください 笑

ナスケーキ(!)食べたかった 笑
飛鳴 / 2008/01/28 8:31 PM






<< Next   /   Prev >>



Template by amu*ca
Master Page / RSS1.0 / Atom0.3
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.